サポート #489

SQLサーバー 2008以降

Added by h-akimoto amon over 4 years ago. Updated about 4 years ago.

Status:解決Start date:01/06/2015
Priority:通常Due date:
Assignee:h-akimoto amon% Done:

0%

Category:-
Target version:-

Description

完全なログクリアは以下

BACKUP LOG ApsMdb WITH TRUNCATE_ONLY

DUMP TRANSACTION ApsMdb WITH NO_LOG
DBCC SHRINKDATABASE (ApsMdb)

History

#1 Updated by h-akimoto amon about 4 years ago

<<<<<< SQL Server 2008以降 >>>>>>

BACKUP DATABASE [myDB] TO DISK =N'NUL'
BACKUP LOG [myDB] TO DISK =N'NUL'

USE myDB
SELECT * FROM sys.database_files

--SQL実行結果のnameカラムが論理名

--上の論理名(<name>)とファイルサイズ[MB]を指定
DBCC SHRINKFILE
GO

あれっファイルサイズは変わらない。。。

<<<<<< ログイン、DB、ユーザ、スキーマの作成L Server 2008以降 >>>>>>

①データベースを作成

saでログインし、データベースmyDBを作成

②ログインを作成

セキュリティ>ログインから、myDB用のログイン myUserを作成
ユーザマッピングでmyDB のユーザーと既定のスキーマをともにmyUserにする
(名前を合わせる意味。ともに③④と前後していい)
ロールはdb_owner

③myDBのスキーマを作成

myDB配下のセキュリティ>スキーマ でmyUserを作成

④myDBのユーザーを

myDB配下のセキュリティ>ユーザー でmyUserを作成

あとは、myUserでログインし直し、テーブル作成など
 (myUser.テーブル名が規定となる。。。はず)

#2 Updated by h-akimoto amon about 4 years ago

  • Subject changed from SQLサーバー ログクリア to SQLサーバー 2008以降

#3 Updated by h-akimoto amon about 4 years ago

[テーブルの再作成を必要とする変更を保存できないようにする]

オプションを変更するには、以下の手順を実行します。

SQL Server Management Studio (SSMS) を開きます。
[ツール] メニューの [オプション] をクリックします。
[オプション] ウィンドウのナビゲーション ウィンドウで、[デザイナー] をクリックします。
[テーブルの再作成を必要とする変更を保存できないようにする] チェック ボックスを
オンまたはオフにして、[OK] をクリックします。

Also available in: Atom PDF